Box2D を Processing で使う

2009年12月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

物理エンジンBox2DをProcessingで使ってみる。

インストール

  • BoxWrap2Dをダウンロード
    • BoxWrap2Dページ内の「Get the library」をクリックしてダウンロード
    • 解凍したフォルダ「boxwrap2d」を、次のフォルダ内に配置:書類 > Processing > libraries ※Macの場合
  • Processing を起動していた場合は、再起動する

Box2D を使ってみる

  • 「画面をクリックすると、マウスポインタの位置から円が落ちる」プログラムを書いてみる
import org.jbox2d.p5.*;

Physics physics;

void setup() {
  size(500, 500);
  frameRate(60);
  physics = new Physics(this, width, height);
  physics.setDensity(1.0);
}

void draw() {
  background(204);
}

void mousePressed() {
  physics.createCircle(mouseX, mouseY, 15);
}
  • 参考にしたページ:Processing 1.0 - JBox2D with BoxWrap2D Tutorial
  • メモ:BoxWrap2Dフォルダに入っているサンプル「SwingingDemo」を実行すると「The package "org.jbox2d.testbed.tests" does not exist. You might be missing a library.」とエラーが出た。以下のimport文を削除したら動いた。

 

import org.jbox2d.testbed.tests.*;  
import org.jbox2d.testbed.*;  
import org.jbox2d.util.blob.*;  
import org.jbox2d.testbed.timingTests.*;
このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives

以下の記事は、2011年度に筆者が大学での授業で利用していた補足資料です。現在、これらをベースに本ウェブサイトを再構築しています。完了するまで一時的に掲載します。


About

筆者: @mathatelle

ジェネラティブ・アート -Processingによる実践ガイド Processing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artists Learning Processing: A Beginner's Guide to Programming Images, Animation, and Interaction (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling) Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門 Processing アニメーションプログラミング入門 デザイン言語 Processing入門 - 楽しく学ぶコンピュテーショナルデザイン Processingプログラミング入門―Javaベースのオープンソース統合開発環境 ProcessingでかんたんAndroidプログラミング FORM+CODE -デザイン/アート/建築における、かたちとコード Form+Code in Design, Art, and Architecture (Design Briefs) Generative Art: A Practical Guide Using Processing Generative Gestaltung ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 ARプログラミング—Processingでつくる拡張現実感のレシピ— Arduinoをはじめよう 第2版 (Make:PROJECTS) +GAINER―PHYSICAL COMPUTING WITH GAINER Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門 ビューティフルビジュアライゼーション ビジュアル・コンプレキシティ ―情報パターンのマッピング