a-10 期末課題について

2011年6月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

期末課題テーマ

群れ

(むれ)とは、同一種の生物の個体多数からなる集団である。まれに複数種を含む集団を指す場合もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/群れ

課題概要

テーマからイメージをふくらませ、ビジュアルで表現してください。

スケジュール

  • 第10回 企画のチェック, プログラミング
  • 第11回 手描きスケッチのチェック, プログラミング
  • 第12回 プログラミング, 仮提出
  • 第13回 ブラッシュアップ(完成度を高める)
  • 第14回 ブラッシュアップ, 完成・本提出 ※7月20日を提出締め切りとする
  • 第15回 プレゼンテーション&相互評価

※提出方法や制作のヒントを各回で随時解説する

制作条件

  • 作品サイズは幅1024ピクセル・高さ768ピクセル
  • 静止画とする。
  • PhotoshopやIllustratorで作成したグラフィックや写真をProcessingに読み込んで利用しても良い。 → 画像の作成方法
  • Processingで作成したグラフィックをPhotoshopやIllustratorで後処理することは禁止とする。
  • ネット上の画像など、著作物を無断利用することは禁止とする。
  • 「プログラミングによるビジュアル表現」「あなたらしい表現」になっていること。

課題の提出窓口

「アップロード」をクリックし、ファイルを選択する

Google Docs

アップロードする

Google Docs

アップロード完了後、そのファイル名をクリックする

Google Docs

ファイルの共有設定をし、吉村が閲覧できるようにする

Google Docs

このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives

以下の記事は、2011年度に筆者が大学での授業で利用していた補足資料です。現在、これらをベースに本ウェブサイトを再構築しています。完了するまで一時的に掲載します。


About

筆者: @mathatelle

ジェネラティブ・アート -Processingによる実践ガイド Processing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artists Learning Processing: A Beginner's Guide to Programming Images, Animation, and Interaction (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling) Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門 Processing アニメーションプログラミング入門 デザイン言語 Processing入門 - 楽しく学ぶコンピュテーショナルデザイン Processingプログラミング入門―Javaベースのオープンソース統合開発環境 ProcessingでかんたんAndroidプログラミング FORM+CODE -デザイン/アート/建築における、かたちとコード Form+Code in Design, Art, and Architecture (Design Briefs) Generative Art: A Practical Guide Using Processing Generative Gestaltung ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 ARプログラミング—Processingでつくる拡張現実感のレシピ— Arduinoをはじめよう 第2版 (Make:PROJECTS) +GAINER―PHYSICAL COMPUTING WITH GAINER Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門 ビューティフルビジュアライゼーション ビジュアル・コンプレキシティ ―情報パターンのマッピング