b-09 ライブラリを利用する

2011年11月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

Processingは「ライブラリ」という仕組みで、その機能を拡張することができる。以前の授業でライブカメラを使用した際には、videoライブラリというライブラリを利用した。

Processing公式サイトで紹介されているライブラリ一覧(英語)

音を扱う

Processing で音を扱う場合、標準で用意されている Minim を利用するのが一般的である。以下の素材を利用して、Processingで音を扱ってみよう。

音声素材のダウンロード

サンプルファイルを再生する

各種ドラム音のような、サンプルファイルは AudioSample クラスを利用する。

import ddf.minim.*;

Minim minim;
AudioSample kick;
AudioSample snare;

void setup() {
  minim = new Minim(this);
  kick = minim.loadSample("kick.wav", 2048);
  snare = minim.loadSample("snare.wav", 2048);
}

void draw() {
}

void keyPressed() {
  if (key == 'k') kick.trigger();
  if (key == 's') snare.trigger();
}

void stop() {
  kick.close();
  snare.close();
  minim.stop();

  super.stop();
}

サイン波を生成し、マウス位置に応じて音程・パンを調整する

import ddf.minim.*;
import ddf.minim.signals.*;

Minim minim;
AudioOutput out;
SineWave sine;

void setup() {
  minim = new Minim(this);
  out = minim.getLineOut(Minim.STEREO);
  sine = new SineWave(440, 0.5, out.sampleRate());
  sine.portamento(200);
  out.addSignal(sine);
}

void draw() {
}

void mouseMoved() {
  float freq = map(mouseY, 0, height, 1500, 60);
  sine.setFreq(freq);
  float pan = map(mouseX, 0, width, -1, 1);
  sine.setPan(pan);
}

void stop() {
  out.close();
  minim.stop();

  super.stop();
}

一般的な音楽ファイルを再生する

ミュージシャンの楽曲のような、一般的な音楽ファイル(再生時間が長い→ファイル容量が大きい)ものは AudioPlayer クラスを利用する。

利用した音楽ファイル: ccMixter - Wataridori 2 - Cornelius

import ddf.minim.*;

Minim minim;
AudioPlayer player;

void setup() {
  minim = new Minim(this);
  player = minim.loadFile("http://ccmixter.org/contests/freestylemix/Cornelius%20-%20Wataridori%202.mp3", 2048);
  player.play(); //再生
}

void draw() {
}

void stop() {
  player.close();
  minim.stop();

  super.stop();
}

mp3ファイルのメタ情報を表示する

Minim AudioMetaData

import ddf.minim.*;

Minim minim;
AudioPlayer player;
AudioMetaData meta;

void setup() {
  minim = new Minim(this);
  player = minim.loadFile("http://ccmixter.org/contests/freestylemix/Cornelius%20-%20Wataridori%202.mp3", 2048);
  player.play(); //再生
  meta = player.getMetaData();
  //コンソールに音声データのメタ情報を表示
  println("アルバム名: " + meta.album());
  println("曲名: " + meta.title());
  println("アーティスト名: " + meta.author());
}

void draw() {
}

void stop() {
  player.close();
  minim.stop();

  super.stop();
}

※そのほかAudioPlayer にできることはリファレンスを参照 → AudioPlayer

物理シミュレーション

「物が落ちる」といった物理現象を簡単にシミュレートするためのライブラリで、最も有名なのがBox2Dであり、このBox2DをProcessingで利用できるようにしたものがBoxWrap2Dである。

インストール

  • BoxWrap2Dをダウンロード
    • BoxWrap2Dページ内の「Get the library」をクリックしてダウンロード
    • 解凍したフォルダ「boxwrap2d」を、次のフォルダ内に配置:書類 > Processing > libraries ※Macの場合
  • Processing を起動していた場合は、再起動する

Box2D を使ってみる

  • 「画面をクリックすると、マウスポインタの位置から円が落ちる」プログラムを書いてみる
import org.jbox2d.p5.*;

Physics physics;

void setup() {
  size(500, 500);
  frameRate(60);
  physics = new Physics(this, width, height);
  physics.setDensity(1.0); //重さ(密度)
}

void draw() {
  background(204);
}

void mousePressed() {
  physics.createCircle(mouseX, mouseY, 15);
}

反発係数を設定する

import org.jbox2d.p5.*;

Physics physics;

void setup() {
  size(480, 320);
  frameRate(60);
  physics = new Physics(this, width, height);
  physics.setDensity(1.0); //重さ(密度)
  physics.setRestitution(0.9); //反発係数
}

void draw() {
  background(204);
}

void mousePressed() {
  physics.createCircle(mouseX, mouseY, 10);
}

摩擦係数を設定する

import org.jbox2d.p5.*;

Physics physics;

void setup() {
  size(480, 320);
  frameRate(60);
  physics = new Physics(this, width, height);
  physics.setDensity(1.0); //重さ(密度)
  physics.setRestitution(0.2); //反発係数
  physics.setFriction(0.0); //摩擦係数
}

void draw() {
  background(204);
}

void mousePressed() {
  float d = 5;
  physics.createRect(mouseX - d * 2, mouseY - d, mouseX + d * 2, mouseY + d);
}
このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives

以下の記事は、2011年度に筆者が大学での授業で利用していた補足資料です。現在、これらをベースに本ウェブサイトを再構築しています。完了するまで一時的に掲載します。


About

筆者: @mathatelle

ジェネラティブ・アート -Processingによる実践ガイド Processing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artists Learning Processing: A Beginner's Guide to Programming Images, Animation, and Interaction (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling) Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門 Processing アニメーションプログラミング入門 デザイン言語 Processing入門 - 楽しく学ぶコンピュテーショナルデザイン Processingプログラミング入門―Javaベースのオープンソース統合開発環境 ProcessingでかんたんAndroidプログラミング FORM+CODE -デザイン/アート/建築における、かたちとコード Form+Code in Design, Art, and Architecture (Design Briefs) Generative Art: A Practical Guide Using Processing Generative Gestaltung ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 ARプログラミング—Processingでつくる拡張現実感のレシピ— Arduinoをはじめよう 第2版 (Make:PROJECTS) +GAINER―PHYSICAL COMPUTING WITH GAINER Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門 ビューティフルビジュアライゼーション ビジュアル・コンプレキシティ ―情報パターンのマッピング