Bezier Editor を利用する

2010年8月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Processing で曲線を扱うのは難しい。 Illsutrator ならホイホイ描けるのに...。」という方におすすめの Tool が Bezier Editor。以下、インストール方法から説明する。

インストール

Processing.org の Tools のページの下のほうにある Bezier Editor をクリック。ダウンロードがはじまる。

Processing-tools-download

ダウンロードが完了したら、ファイルを解凍し、下図のように配置する。

Processing-tools-install

  • sketch が保存されているフォルダ内に tools という名前でフォルダを新規作成
  • ダウンロードしたファイルを解凍し、 tools フォルダ内に配置する ※下注あり
  • Processing を再起動

以上でインストールが完了。再起動後、Tools メニューの中に Bezier Editor があることを確認する。

※今回は解凍後の BezierTool というフォルダ名そのままでOKだが、固有の名前である必要があり、Tool によってはドキュメントにしたがって名前を変更する必要がある。

使い方

下図の通り。

use-bezier-editor

  • ベジェ曲線を描く。詳しい使い方は略。触って理解できるレベルです
  • 右下の「Copy code to clipboard」ボタンを押す。これでクリップボードに曲線を描くための Processing のコードがコピーされる
  • エディタにペーストする
  • 実行すると、Bezier Editor に描いたのと同じ曲線が描画される

単に曲線を描くための便利ツールとして利用するだけでなく、ベジェ曲線の仕組みを理解するために利用すると良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives

以下の記事は、2011年度に筆者が大学での授業で利用していた補足資料です。現在、これらをベースに本ウェブサイトを再構築しています。完了するまで一時的に掲載します。


About

筆者: @mathatelle

ジェネラティブ・アート -Processingによる実践ガイド Processing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artists Learning Processing: A Beginner's Guide to Programming Images, Animation, and Interaction (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling) Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門 Processing アニメーションプログラミング入門 デザイン言語 Processing入門 - 楽しく学ぶコンピュテーショナルデザイン Processingプログラミング入門―Javaベースのオープンソース統合開発環境 ProcessingでかんたんAndroidプログラミング FORM+CODE -デザイン/アート/建築における、かたちとコード Form+Code in Design, Art, and Architecture (Design Briefs) Generative Art: A Practical Guide Using Processing Generative Gestaltung ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 ARプログラミング—Processingでつくる拡張現実感のレシピ— Arduinoをはじめよう 第2版 (Make:PROJECTS) +GAINER―PHYSICAL COMPUTING WITH GAINER Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門 ビューティフルビジュアライゼーション ビジュアル・コンプレキシティ ―情報パターンのマッピング